長命草の摂取方法

長命草の摂取方法

長命草の摂取方法

長命草はその名前の通り、昔から1株食べれば1日長く生きられるといわれるほど色んな病気の症状に有効であると言い伝えられてきた植物で、沖縄に行くと多く生育が見られるため料理などにして食べることができます。沖縄で長寿の人が多く癌になりにくいのも、インフルエンザなどにもかかりにくのも抗酸化作用をこの植物から得ているためと考えられ、研究が続けられています。

 

長命草にはビタミンやカルシウムなどから食物繊維そしてカロチンがとても豊富で、これらを有効的に取り入れる摂取方法は料理して食べるよりもパウダー状に加工され、青汁として販売されている製品を飲んだ方が効率的です。調理の段階で水に溶けだしてしまう成分もあるので、そのままパウダー状になっている方が失われる成分が少なくて済みます。青汁の中でも長命草を主成分としているものを選び、有効成分にプラスして相乗効果を発揮させてくれる栄養素をさらに加えてくれている青汁を選ぶと良いです。加えられている栄養素も、植物由来のものが体に良く安心して飲むことができます。味が苦手な人はヨーグルトやみそ汁、牛乳などに入れて溶け出した栄養素もすべて食べたり飲んだりできるものに入れて摂取すると良いです。


ホーム RSS購読 サイトマップ