長命草

長命草

長命草って?効能・効果は?

長命草とは

長命草というのは牡丹防風というのが正式な名称で、温暖な地域で海岸沿いに自生する多年草の一種です。夏には白い花を咲かせます。長命草は古くから料理や民間薬として健康のために役立てられてきました。温暖な地域の強い日差しの下で育つこの野菜にはミネラルがたっぷり含まれています。
他には我々が日常で必要としているビタミンと食物繊維がバランスよく含まれており、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸やビスナジンが含まれていることが特徴です。ポリフェノールは美的効果で有名な成分であり、美肌効果が得られる要素も含まれています。
また抗酸化作用があることから排尿の障害や血流改善などにも有効とされています。抗酸化作用の効果からはガンや心筋梗塞、インフルエンザ感染に対しての効果も発揮します。これらの病気の予防にもつながり、古くからはさまざまな病気に対しての効果があるものとして民間療法による治療にも用いられてきました。血管拡張作用の効果もえられ、血流が改善されることから冷え症やむくみの改善をはじめ、動脈硬化や高血圧の予防にも有効です。
長命草は一般的な食材としても用いられ、健康食品として加工されたものもあります。美と健康を促進するために役立てられています。

長命草の効果

最近注目を集めている長命草は沖縄県の与那国島で食べると長生きをするといわれてきたボタンボウフウという学名を持つセリ目セリ科の野草で与那国島ではサラダやてんぷらなどで食される身近な食材です。長命草は栄養が豊富なため青汁として身近になっており、動脈硬化の予防や防止、抗菌作用、抗酸化作用など様々な効果、効能が期待できると言われています。長命草に含まれている成分には豊富なミネラルやビタミン、カロテン、カルシウムなどのほかにゴーヤの7倍のポリフェノールが含まれており美肌効果が期待できるため女性に多く支持されています。また抗酸化作用もきたいできますので体の活性酸素を抑制し美容のほかに生活習慣病の予防も期待できます。また最近の研究によってその強力な抗酸化作用によって生活習慣病の予防のほかに癌やインフルエンザなどの病気に対しての活性酸素を撃退するといわれています。産地でもある沖縄県は癌による死亡率が低く長寿の方が多いことでも有名で動物実験では発癌抑制が確認されたと言われています。また長命草は亜熱帯の強い太陽からの紫外線を浴びて育ちますので自分を守る成分として多くのポリフェノールを身体につくるため抗酸化作用の効果が強い植物となっています。

 

長命草は上で上げたような効果が言われていますがどのように摂取するのかというと最近では青汁に含まれていることも多いです。
そこで長命草が配合されている青汁をこちらの青汁比較ランキングでも紹介しているので見てみてください。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ